情報処理安全確保支援士 勉強法 午後Ⅰ

情報処理安全確保支援士試験の、午後Ⅰに向けた勉強法について、書いてみます。

 

まず最初にすべきことは、「得意分野を選ぶ」ことだと思います。

午後Ⅰは、90分間で、3問出題の中から2問を選ぶ必要があります。

90分で2問を解くというのは、時間的にものすごく短くて、キツいです。

問題文を試しに読み込んでから、どの問題にしようかを選ぶのは、ロスタイムです。

どの分野の問題を選ぶか、得意分野をあらかじめ決めておいて、

しっかり問題を解ける領域まで、知識を高めておくことが大切です。

 

一番のおすすめは、「マルウェア対策」の分野です。

この分野は、毎回、必ずといって良いほど出題されます。

マルウェアは、人のセキュリティ意識のゆるさを狙って作られたプログラムです。

不審メールに添付されたファイルを開いてしまったり、

不審メールに記載されたURLをクリックしてしまう方は、

一定数いらっしゃいます。

今後も続いていくセキュリティ問題であり、きっと次の試験でも出題されます。

 

残りのもう1問を、どの分野を選ぶか。

過去の経歴で、深く携わってきた分野があるのでしたら、

その分野を選ぶのが、一番良いのではと思っています。

(例:C++やJavaの開発歴が長い方は、「セキュアプログラミング」を選ぶ。)

 

ただ、過去3年ぐらいの範囲で、過去問を振り返ってみて、

毎回のように出題される分野かどうか、確認したうえで

選んだほうが良いと思います。

過去3年(春と秋を合わせ、計6回)の中で、ほとんど出題されなかった分野は、

現在、それほど世の中で、脅威のセキュリティ問題が見られない分野なのだと思います。

そういう分野は、出題から外される可能性が高いです。

「今」を捉えた分野で、かつ、過去の経歴と関係ある分野を

選ぶのが良いと思います。

 

参考になりましたら、幸いです。