情報処理安全確保支援士 講習

情報処理安全確保支援士は、定期的に、講習を受ける必要があります。

 

1つ目は、「オンライン講習」(2万円)。

1年に1回受講する必要があります。

これは、ブラウザから学習サイトにアクセスして受講するものです。

学習サイトの内容は、毎年同じではなく、

世の中の状況に基づいて、随時更新しているんですって。

私はまだ、1回目しか受講したことがありません。

次に受ける2回目の内容が、どんな更新が入っているか、楽しみです。

 

2つ目は、「実践講習」(8万円)。

3年に1回受講する必要があります。

「実践講習」は、集合講習で、ケーススタディ形式の

グループディスカッションを中心として行われるそうです。

唯一の正解があるわけではなく、参加者がそれぞれの意見を述べることに

意義がある講習だそうです。

8万円という受講費用を無駄にしないよう、

日頃からしっかり学習し、しっかりとした意見を備えてから

挑戦したいと思っています。

 

なお、「実践講習」は、IPAが開催する集合講習ですが、

代わりに「特定講習」という、民間事業者等が行う講習もあるそうです。

IPAの「実践講習」か、民間事業者等の「特定講習」のいずれかを、

3年に1度、受講する必要があるのだそうです。

両者にどんな違いがあるのか、後日調べて、記載しようと思います。